report   レポート

 【活動訪問1】ライフケア(1)2019/08/13 

7月30日(火)、特定非営利活動法人ライフケアで活動する遠藤廣人さんにお話を伺いました。


ライフケアは、東日本大震災直後より自然医学による手当てや健康相談による被災者支援、親子対象の保養事業を行ってきました。避難者と住民との交流を目的とした歌声サロンや福島の姿を見て学んでもらうスタディツアーを実施しています。

取材した当日、遠藤さんは障がい者通所施設で行われた出前歌声サロンの運営サポートや太鼓の演奏を行っていました。

 

◆質問(1) インターンシップで、どのような活動をしましたか?
歌声サロンや子ども食堂の運営サポートを行いました。また、NPO法人の始まりから現在にいたるまでの歴史やライフケアさんの目指すものを学んだりしました。

◆質問(2) これまでに復興に関わるような活動や地域活動をしたことがありますか?
本宮をよくしようという活動を行っている学生団体に所属していて、子供向けのイベントを企画したり様々な活動を行ってきました。

◆質問(3) 今回、このインターンシップに応募した理由は何ですか?
NPOの活動にとても興味があり、自分自身、こういった活動を通じて考えを深めたかったからです。

◆質問(4) 実際に活動してみて、面白いと感じるところはどんなところですか?
人と人がイベントや団体というくくりで、深く手を取り合って協力できるところです。

◆質問(5) 逆に、大変だなと思うことはどんなところですか?
企画立てや、あらかじめの準備、情報共有などです。

◆質問(6) 復興に向けて活動している団体に触れてみて、想像していたことと違ったこと、
また、新しい発見などはありますか?
NPO法人の方々が、カンパや寄付で生計を立てていたことです。

◆質問(7) 残りの活動での目標や意気込みを教えてください。
今回こういう機会で、自分の知らないところで何が起きているのか、また、自分に何ができるのかを再確認し、残りの時間で実行にまで移したいです。