report   レポート

 【活動訪問9】FUKUSHIMAいのちの水(3)2017/08/23 

8月5日(土)、NPO法人FUKUSHIMAいのちの水で活動する武藤三輪さんにお話を伺いました。

【活動訪問9】FUKUSHIMAいのちの水(3)

FUKUSHIMAいのちの水では、福島第一原発事故に対する不安の中にいる方々に無料でミネラルウォーターを配布しています。

取材した当日、武藤さんは水や食料の配布作業に笑顔で取り組んでいました。

【活動訪問9】FUKUSHIMAいのちの水(3)

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
水運びやシリア物資の衣類の整理、子ども食堂での調理手伝いなどです。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
学校の近くのボランティアを2、3回したことがあります。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
シリアに興味があり、友達とこのインターンシップの内容を見て参加してみたいと思ったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
毎日やることが少しずつ違っているのでおもしろいです。また、活動先の方々がユニークで楽しいです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
毎日やる事がバラバラなので、慣れるのに時間がかかることです。また、水運びが思ったよりも大変でした。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
震災の復興活動が まだ行われていることが新発見でした。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
一つでも多くインターンシップ先の皆さんのお役に立てるように頑張っていきたいです。

【活動訪問9】FUKUSHIMAいのちの水(3)