report   レポート

 【活動訪問7】FUKUSHIMAいのちの水(1)2017/08/23 

8月5日(土)、NPO法人FUKUSHIMAいのちの水で活動する星野壮祐さんにお話を伺いました。

【活動訪問7】FUKUSHIMAいのちの水

FUKUSHIMAいのちの水では、福島第一原発事故に対する不安の中にいる方々に無料でミネラルウォーターを配布しています。

取材した当日、星野さんは水や食料の配布作業に汗を流していました。

【活動訪問7】FUKUSHIMAいのちの水

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
シリアへ水を送るための準備や地域の方への水配布をしています。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
学校で行うクリーン活動で、地域のゴミを拾いました。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
福島の現状を自分で見て肌で感じたいと思ったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
実際に水をもらいにくるお母さん達が書いたノートを見た際に、思っていることがよくわかり とても勉強になりました。

【活動訪問7】FUKUSHIMAいのちの水

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
たくさんの水を配っているため、その反面 荷物が重くて大変です。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
いまだに困っている人がたくさんいることが実感できました。また、水の需要の多さも感じます。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
6日間で仕事内容を覚えたので、よりスムーズに活動していきたいです。

【活動訪問7】FUKUSHIMAいのちの水