report   レポート

 【活動訪問45】ぴぃかぁぶぅ(3)2017/11/01 

9月14日(木)、特定非営利活動法人ぴぃかぁぶぅで活動する長谷川かおりさんにお話を伺いました。

【活動訪問45】ぴぃかぁぶぅ(3)

ぴぃかぁぶぅは、障がいの有無に関わらず、子ども達の社会参加や居場所づくり、安心して暮らせる街づくりを目指しています。

取材した当日 長谷川さんは、放課後デイサービスで子ども達の活動の準備や宿題のお手伝いをしていました。

【活動訪問45】ぴぃかぁぶぅ(3)

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
子ども達の活動の準備や宿題のお手伝いをしています。
また、サッカースクールでは子ども達と一緒に遊びました。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
ありません。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
地元で仕事をしている人を実際に見て働くことについて考えたかったですし、全然知らないことにチャレンジしてみたかったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
いろいろな子ども達がいるということを実感できます。
また、支援のために様々に工夫したり考えたりしているところです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
毎日決まったことを行う仕事ではなく、日々の子ども達の変化に対応しながら活動しているところです。子ども達の状態や何につまずいているのか、学校や家庭でどのように過ごしているか等、わからないことがたくさんあります。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
障がいがあることに対するマイナスイメージが、悪いことばかりではないと思うように変わりました。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
先週のサッカースクールよりも注意しながら子ども達を見守ったり、何よりももっと一緒に楽しめたらいいな、と思います。

【活動訪問45】ぴぃかぁぶぅ(3)