report   レポート

 【活動訪問33】よつくらぶ(1)2017/09/06 

8月24日(木)、NPO法人よつくらぶで活動する志賀美紀さんにお話を伺いました。

【活動訪問33】よつくらぶ(1)

よつくらぶは、市民と行政との協働により、賑わいのあるまちづくりに関する地域振興の事業を行ない、活力ある町づくりに寄与することを目的としています。

取材した当日 志賀さんは、よつくらぶが管理運営している「道の駅よつくら港」の直売所でポップの作成や接客等をした後、子どもの遊び場「チャイルドハウスふくまる」で子ども達のサポートをしていました。

【活動訪問33】よつくらぶ(1)

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
「道の駅よつくら港」直売所での接客や商品の陳列、ポップの作成、facebookの投稿等です。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
今回が初めてです。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
先輩から話があり、興味が沸いたので応募しました。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
陳列に工夫がされているところです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
商品の袋詰めの仕方やお客様に気持ちよく利用してもらうため、お客様の目を引くデザインのポップを考えることです。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
県外からたくさんの観光客の方々が来ることです。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
たくさんのお客様に喜んで帰ってもらえるように頑張りたいです。

【活動訪問33】よつくらぶ(1)