report   レポート

 【活動訪問14】NIVO2017/08/23 

8月10日(木)、特定非営利活動法人 市民活動支援組織NIVOで活動する佐藤健太さんにお話を伺いました。

【活動訪問14】NIVO

NIVOは、住民主体のまちづくりを目指し、各種事業を展開する他、公益活動団体を支援・繋ぐ中間支援団体です。

取材した当日、佐藤さんは自らも作成に携わったアンケートの集計をしていました。

【活動訪問14】NIVO

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
坂下町についてのアンケートを作成し、町内外の人々に協力してもらい、坂下町の満足度調査をしています。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
今まではあまりそのような活動をしていなかったので、今回が初めてです。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
地元である坂下町の活動や地域交流を実際に経験して自分自身が成長し、また、坂下町をより知りたいと思ったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
多くの人との交流があり、普段聞けない話や意見などがあり、自分の知らない坂下町のことを知ることができるところです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
アンケート調査ということもあり、多くの人の意見を聞く必要があるので、どうすれば効率よく多くの人に書いてもらえるか悩みます。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
地域の人とのつながりが大切だと改めて感じます。
職場というのは、もっとかたい雰囲気の中で仕事をしていると思っていましたが、そうではなかったことです。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
活動を始めてもう少しで半分を経過するので、今以上に良い働きができるように頑張りたいです。
また、アンケートを100部集めその結果を発表するので、それが少しでも坂下町のためになればいいと思います。

【活動訪問14】NIVO