report   レポート

 【活動訪問10】FUKUSHIMAいのちの水(4)2017/08/23 

8月5日(土)、NPO法人FUKUSHIMAいのちの水で活動する櫻田梨紗さんにお話を伺いました。

【活動訪問10】FUKUSHIMAいのちの水(4)

FUKUSHIMAいのちの水では、福島第一原発事故に対する不安の中にいる方々に無料でミネラルウォーターを配布しています。

取材した当日、櫻田さんは水や食料の配布作業に積極的に取り組んでいました。

【活動訪問10】FUKUSHIMAいのちの水(4)

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
水配りやシリアの方々に送る服の梱包作業です。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
学校を通じて等、地域ボランティアをしてきました。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
東日本大震災から6年経過し復興が進んできましたが、テレビなどであまり見ることがなくなってきたので現状を知り、福島の復興の役に立ちたかったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
皆さん優しい方ばかりですし、梱包や水を配るなど経験したことのないことができるので、毎日楽しいです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
配ったり梱包作業をしたりと体力を使うので大変です。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
福島の多くの人が水道水を使っていると思っていましたが、今でも多くの人が水をもらいに来ているのを知りました。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
残りの日数で、さらにこの事業に貢献したいと思います。

【活動訪問10】FUKUSHIMAいのちの水(4)