report   レポート

 【活動訪問5】チームふくしま(1)2017/08/10 

8月4日(金)、特定非営利活動法人チームふくしまで活動する佐藤健人さんにお話を伺いました。

【活動訪問5】チームふくしま(1)
(写真右が佐藤さん、左はチームふくしまの清野さん)

チームふくしまは、観光、雇用、教育活動を柱として、ひまわりの種を通じて思いやりや福島の魅力を知ってもらうプロジェクトを行っている団体です。

取材した当日 佐藤さんは、現在チームふくしまで商品化を進めている「ひまわりハチミツ」の容器ラベルのデザインを もう一人のインターンの遠藤鉄兵さんと考案中でした。

【活動訪問5】チームふくしま(1)

■質問1 このインターンシップではどのような活動をしていますか。
ひまわりの水やりや ブログの更新、会員さんへ発送する書類の封入、のり付け作業などの活動をしています。また、福祉企業さんの見学と作業体験も行いました。

■質問2 これまで地域や復興に関わるような活動をしたことはありますか。
今回のインターンに参加するまでは、したことはありませんでした。

■質問3 今回は、どうしてこのインターンに応募されましたか。
自分の知らない福島の復興の現状を知ったり、今まで体験したことのないことに挑戦してみたいと思ったからです。

■質問4 実際に活動してみて、おもしろいと感じるところはどんなところですか。
いろんな事業所の方々のお話を聞いたことと、ブログの更新をすることはとても新鮮な感じがありおもしろかったです。

■質問5 逆に、大変だと感じるところは。
あづま総合体育館でひまわりの水やりをする際、重いジョウロを両手に持って階段を上ったりしたことや書類の封入・のり付け作業をしたことは とても大変な作業だと感じました。

■質問6 復興に向けて活動をおこなっている団体で活動する中で、なにか新しい発見などはありますか。(いままで想像していたことと違ったとか)
今回参加させていただいた“福島ひまわり里親プロジェクト”ですが、最初は福島の人たちだけで活動されていると思っていましたが、実際は全国の里親さんに支えられてこのプロジェクトは成り立っているのだという発見がありました。

■質問7 残りの活動に向けての目標・意気込みを。
半田理事長さんに初日に教えていただいた“今 自分がしていることへの意味を理解できる人になる”という目標を達成できるようにしたいです。

【活動訪問5】チームふくしま(1)